不動産融資を始めよう|大金を持つよりも安心なトラベルプリペイドカードを使おう
お金

大金を持つよりも安心なトラベルプリペイドカードを使おう

不動産融資を始めよう

コインとフィギュア

不動産を購入する際には、借入金を利用して初期投資を行うことがほとんどです。その際には不動産担保ローンを利用することがあります。不動産担保ローンとは、金融機関が不動産を担保にとった上でローンを組むことができるものです。不動産担保ローンの特徴は、無担保ローンなどに比べて大きな金額のローンを組むことができる点にあります。これは金融機関側の立場になれば当然です。金融機関がローンを組む際に、一番のリスクはローンの返済が滞ることです。対して不動産を担保にしている場合であれば、返済が滞った場合に担保としている不動産を売却することによって、返済資金に充てることができます。したがって無担保や保証人を立てている場合に比べ、大きな金額のローンを組むことができます。

不動産担保ローンを組んだ場合は、返済の段階に応じて担保設定を外すようにしましょう。たとえば当初1億円借りた際には、当然不動産を担保として設定することが借入の条件となります。ただ、この借入が2,000万円になれば、不動産の担保が外すことができる可能性が出てきます。なぜ担保を外すことによってメリットが出るのかというと、それだけ選択肢が広がってくるためです。つまり、新たに借入を起こす際に担保となる不動産がなければ、条件などが厳しくなるだけでなく借入自体できない可能性もあります。このとき担保設定のない不動産があれば、借入が組めたり利率などの条件も良くなる可能性がでてきます。